山形県山形市でインプラント治療なら、経験豊富な当院へ。

鈴木歯科クリニック
〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33

0120-68-1855

診療時間

9:00~12:30/14:00~18:45
木曜12:00、土曜17:00まで

お気軽にお問合せください

インプラント治療について
必要なインプラント本数

必要なインプラント本数

何本インプラントが必要か?

数多く歯を失った場合にはインプラントの本数が変わってきます。原則として1本歯を失った時には1本のインプラントをいれます。

ただ総入れ歯に近いケースでは、本来上アゴ、下アゴ14本づつ歯はありますが、インプラントにおけるブリッジ形式で治した場合上アゴで6〜8本、下アゴの時は6〜7本と本数を抑えることができます。

歯をすべて失った際には上、下アゴのどて(骨の厚み)は本来の厚みよりかなり小さくなっていることが多いと思います。それにより条件の悪い所にインプラントを無理に入れることより、骨の厚みがしっかりしている好条件のところにインプラントを植えることは大切なポイントになります。

また咬み合わせ重要です。上、下がしっかり咬合できるようにインプラントを埋め込む必要があります。仮に片方が咬んでいないようでしたら、歯を失ったからと言って無理にインプラントを埋め込む必要がないときがあります。

よく患者様から私の場合何本インプラントが必要なのですかという質問を受けます。
おおまかにはお答えしますが、やはり正確にお答えするには資料が必要になってきます。

インプラント本数を決めるにあたり必要なものを列記します。

(常に1〜4すべてが必要なわけではありません)

  1. 院内でのレントゲン写真およびサージガイド製作のためのお口の型とり
  2. マウスピース (サージガイドの名称) を装着してCT撮影 (徳州会山形病院への依頼)
  3. CTデータをもとに3Dシュミレーション用画像変換処理依頼
  4. 3Dシュミレーションをもとにインプラント埋入位置ならびに本数などを設計する

これをもとにワックスアップと呼ばれる仮想の歯を石膏模型上で製作しまして、本数を決定することになります。

大事な事は力学的に安定し、壊れない設計が必要であるということです。またインプラントは1度、骨と結合しますと取り出すことが難しくなるため診断がとても重要になります。

インプラント治療の流れ、料金、入れ歯などの他治療との違いなど、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください

お電話でのご相談・ご予約

0120-68-1855

診療時間 9:00~12:30/14:00~18:45
土曜の午後は17:00まで。
日曜祝日、木曜午後休診

よくあるご相談・お問合せ
  • インプラント治療は痛いですか?
  • インプラント治療はどのくらいもちますか?
  • 治療後はなんでも咬めますか?
  • 血圧が高いのですが、大丈夫でしょうか?

このようなお悩み相談でも結構です。あなたさまからのお問合せ・ご相談をお待ちしております。

診療時間

診療日
 
午前×
午後××
診療時間

午前 9:00~12:30
午後 14:00~18:45

木曜日 12:00まで
土曜日 17:00まで

休診日

日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0120-68-1855

アクセス

0120-68-1855

住所

〒990-2445
山形県山形市南栄町1-3-33

ごあいさつ

院長 鈴木喜之
  • 昭和大学歯学部卒業
  • 昭和大学第2歯科補綴学教室(入れ歯を専門)
    6年半在籍

歯が抜けてしまっても、自分の歯と同じように噛めるように・・との思いから、インプラント治療をご提供しています。